お見舞いに、スプーンを。

 

ご存じでしょうか?

体調を崩したとき、

不安で気持ちが沈んだり、

食欲が落ちてしまう方が

多くいらっしゃいます。

 

 

いたわりデザインとは?

 

 

食欲の落ちた方にも、

少しずつ無理なくお食事いただけます。

カレースプ―ンの半分ほどの軽さで、
手元に力が入りづらい方にも使いやすく。

 

お口が開きづらくても、
手に力が入りづらくても、
大丈夫!!

食事のストレスを軽減します。

 

 

気持ちが沈みがちなときのお食事時間を
「くちびるが感動する」

極上のなめらかさで包みます。

 

 

入院中も、退院後も生活は続く。

ずっと続く日常に寄り添う

さりげないお心配りに。 

  

_


商品画像のクリックで、詳細をご覧頂けます

 

 

 

一人じゃないと感じられるスプ―ン

肺腺がん経験者 御園生さん

 

「食べること」に悩んだ当事者

だからこそ実現できた

「いたわりデザイン」

 

猫舌堂代表 柴田敦巨(しばた あつこ)

 

がん治療により食べることへのバリアを経験。

同じ境遇の仲間たちと一緒に猫舌堂を起業。

口が開きづらい方にも使いやすい

スプーン・フォーク等を開発。

 

 

こんな症状がある方にも

選ばれています。 

 

 

 

お客様のお声

 

「病気の方用」でも、「介護用」でもない。

病気のときも、よくなったあとも。

みんなで一緒に使える

「いたわり」デザインという選択肢を。

 


商品画像のクリックで、詳細をご覧頂けます